不動産売買

何でも買取致します。

 

不動産買取のご利用ケース

Case1.不動産が不要になった
Caseライン
持っている不動産を手放したい、不動産をどうすればいいかわからない、他の不動産会社に相談したが
相手にされなかった、など、不要な不動産をお持ちの場合はぜひ、夢屋にご相談ください!
不動産の調査とお客様との綿密なお打ち合わせを経て、適正な価格で買取させて頂きます。
Case2.不動産の買い替えで資金が必要
Caseライン
より良い不動産を手に入れるためには潤沢な資金が必要です。また、買い替えにはしっかりとした
資金計画を立てる必要があります。夢屋では不動産の買い替えで失敗しない資金計画のノウハウを、
お客様に分かりやすくご説明致します。
Case3.相続物件の売却を検討している
Caseライン
譲り受けた相続物件を活用されておらず、売却をご検討されている方に、相続登記から
売却完了まで、丁寧にお付き合い致します。
Case4.引退後は海外でセカンドライフを楽しみたい
Caseライン
定年や離職を経て、海外で第二の人生を歩む為にはお金も入用。今お持ちの不動産をより良い
お値段で売却するなら、夢屋までご相談ください。
ご利用ください。
お電話でも承っております。

 

売却までの流れと他社との比較

弊社へ売却の場合
1
査定依頼
弊社の場合は無料査定依頼フォームより、お客様と物件に関する必要事項をご記入のうえ査定依頼をしていただきます。(もちろん、お電話やご来訪いただいてのご依頼も歓迎です)
2
価格提示
弊社スタッフが多方面のデータを元に調査し基準買取価格を最短1営業日後にご案内いたします。
この価格は実際の買い取りを前提とした金額を提示します。
ポイント
ポイント

ポイント

スピーディな審査はもちろんのこと、査定内容をわかりやすく丁寧にご説明致します。
3
打ち合わせ
お客様の都合に合わせて室内を拝見させていただき、契約日時、契約方法、条件、引き渡し等スケジュールのご相談をさせていただきます。
4
ご契約
提示の条件・金額でご納得いただけましたらご契約となります。
5
決済
契約完了後、代金のお支払いとなります。
ポイント
ポイント

ポイント

買取価格の提示より、最短2日で現金化が可能です。
一般的な仲介業者への売却の場合
1
査定依頼
仲介業者へ査定を依頼します。
有料での査定を受け付けている会社も多く存在します。
2
価格提示
売買の予想価格をベースに価格査定を掲示されます。もちろん仲介としての売り出し価格なので成約価格ではありません。
3
広告期間
売却依頼の1週間~10日後に広告等により買い手探しが始まります関心のあるお客様が現れると、現地案内され、見学者に紹介しますが簡単に決まらないケースも多々あります。
4
売買の申し込み
なんとか買い手が見つかっても、値引き交渉や買い手の有利な条件出しなど折衝を重ねられるケースも珍しくなく、双方の意向の食い違いや条件等で白紙に戻ることもあります。
5
価格交渉
買受・売渡の条件提示は仲介業者によって行われ、買い手との直接交渉はできません。
6
契約
一般個人が購入者の場合はローンを組むケースが多くなりますが、購入者のローンが不成立の際は白紙解約になってしまいます。契約が終わったからといって残金決済取引終了までは安心できません。
7
決済
購入者のローンが成立して代金を受け取ることになります。査定をスタートしてから数ヶ月かかる場合も珍しくありません。あまりに長い販売期間により、相場が下がり資金計画が水泡に帰するケースもあります。
お電話でも承っております。

 

夢屋での不動産買取のメリット

1
即現金化が可能
お客様のご希望に合わせたスケジュールで売買が可能です。その他諸条件等もお気軽にご相談ください。
2
スピード審査
無料査定フォームに情報をご入力いただければ即座に査定金額をお伝えいたします。
3
秘密厳守
当社は物件を直接買い取らせていただくため、決して売却を他人に知られることがありません。
4
売却後も安心
瑕疵担保責任(売り主様が責任を負う、物件の
隠れた不具合の責任)を免責いたしますので、
売却後も安心です。
5
仲介手数料不要
当社が直接買い取らせていただくため、売却の際に発生する仲介手数料は不要となります。
6
首都圏専門の老舗
東京・神奈川・千葉・埼玉を専門に長い間培ってきた実績と信頼がございます。
お電話でも承っております。

 

無料相談受付中

無料にてお応えしております。
お答えするにあたっては顧問弁護士・税理士・司法書士に相談したうえで回答いたします。安心してご利用下さい。
■ 相談例 ■
・ 相続税の対策のため不動産活用法 ・ 住宅ローンの借り換え方法 ・ 自宅が競売になってしまった場合の対処法
お電話でも承っております。
HOMEに戻る